「赤いか」 / 春から盛夏にかけて漁獲される高級イカ / ケンサキイカ / 氷見漁港 /

「赤いか」 / 春から盛夏にかけて漁獲される高級イカ / ケンサキイカ / 氷見漁港 /

 

地方名で「赤いか」と呼ばれてますが、標準和名は「ケンサキイカ」という高級イカです。

 

標準和名「アカイカ」というイカがいますが、こちらは主に冷凍品で流通していて、

フライなどに加工される大衆魚で、全く別のイカです。

「赤いか」は、氷見では6月上旬から8月くらいにかけて主に大敷網で獲れます。

また、能登では釣りでも獲れます。

刺身で食べるとねっとり甘味が強くて、とても美味しいです。

 

魚が少なくなってきた時期に水揚げされるので、とても人気があります。

産卵のために浅場に移動してきたところを漁獲します。

になると再び深場へ移動してしまいます。

 

 

2017年6月29日


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 5 =