アラ(魚荒)/ 幻の高級魚 / 食べたことある? / とてつもなく美味しいよ!

アラ(魚荒)/  幻の超高級魚 / 食べたことある? / とてつもなく美味しいよ!

 

[魚]へんに[荒]と書いて「アラ」と呼びます。

専ら釣りで漁獲される根魚です。

にして最高の美味しさの魚です。

標準和名が「アラ」です。九州のちゃんこ鍋で有名なアラは標準和名「クエ」という別の魚です。

魚の切り落としの「あら」と間違われますが、超がつく高級魚です。

あまりの美味しさと、遊魚での引きの醍醐味から乱獲されてしまい、

近年ではめっきり資源量が少なくなってしまい、最近は幻の魚になってしまいました。

重量単価では魚類の中では最高値のスーパー高級魚です。

狙わないと釣れませんが、狙ってもそうそう簡単には釣れません。

漁師さんも、釣れなければ収入ゼロになってしまうので、魚が釣れなくなる夏の頃に

遊びがてら狙うことが多いようで、夏場に大物を見かけることが多いです。

滑川では、刺網漁で上市川の沖合い100-150mの深さに仕掛けた1枚網で、

のどぐろと混ざって獲れることもありましたが、最近では数年に一度しか獲れないそうです。

 

本当に難しい魚なので、大物は北陸でも月に1-2尾くらいではないでしょうか。

皮つきのまま厚めに切ってで食べると、それは本当に最高の美味しさです。

一度は食べてみたい美食の王様です。

 

 

写真は能登沖・9.4kg超大物です。最大級のサイズです。
2014年7月3日   


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − 9 =